FC2ブログ
2018/09/17

羊羹を買って、はるか昔を思い出す

デパートでは、和菓子の展示を行っていた。

私が購入したのは、大阪本家 大阪の駿河屋の
栗むし羊羹と棹菓子。

羊羹の思い出20180916

店員さんが、「羊羹を初めて作ったのはうち」とのことに、
とても興味をもったので、HPを調べてみると、
大阪の駿河屋さんの創業は天保8年(西暦1837年)。

天保8年って、大塩平八郎の乱の年。
天保の大飢饉により、各地で百姓一揆が多発していた。

少し、興味があったので、羊羹についてWikiで調べると、

(Wikiより)
「煉羊羹」が日本の歴史に登場するのは1589年(天正17年)で、
山城国伏見九郷の鶴屋の5代目岡本善右衛門が、
テングサ(寒天の原料)・粗糖・小豆あんを用いて炊き上げる煉羊羹を
開発し豊臣秀吉に献上した。
鶴屋は徳川頼宣に従って紀伊国和歌山に移り駿河屋と改名したが、
その後も改良を重ね1658年(明暦4年)には完成品として市販されている。

駿河屋の名前がでてくるので、この流れなのかしら?

江戸時代は煉羊羹全盛時代であり、江戸本郷の藤村羊羹をはじめ、
多くの名舗が現われた。一方、初期の製法の羊羹(蒸し羊羹)は、
安価な下物(煉羊羹の半値)になり、その一部は丁稚羊羹と称したものもある。
また、料理菓子として、煉羊羹を半煉り状にした製法の羊羹もつくられ、
後に水分を多くした水羊羹がつくられるようになり、御節料理として、
冬の時季に食された。


藤村羊羹、懐かしい!

昔、通っていた本郷には、藤村羊羹があった。

老舗で、夏目漱石、森鴎外の小説にでてきていたことは
なんとなく記憶にあったが、こんなに歴史のあるお店だったのですね。

藤村羊羹は確か一度だけいただいたことがあるが、
いつもシャッターが下りていて開店しているところは見たことがない。

そして、羊羹と言えば、吉祥寺にある小ざさの羊羹
吉祥寺に住んでいた職場の仲間が、盆暮れに小ざさの羊羹を買ってきてくれた。

一日150本のみの販売で、並ばないと買えない羊羹。
販売開始は、10時からですが、朝5時から、
5時間も並んで買ってきてくださっていた。

当時は、1本500円だったが、今は値上がりしているよう。

とても味がよくいくらでも食べられる羊羹でした。

羊羹でいろいろな思い出が。

皆様にとって素敵な日でありますように。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト
2018/07/08

この時期に思い出す世界のベストレストラン

この時期に思い出す世界のベストレストラン50。

仕事で忙しいけれど、達成感はある毎日を送っている時、

ご褒美に、レストランへのお誘い。

職場の何人かで出かけたのですが、

店内は龍の絵皿などお店にある食器から飾り物まで
全て龍が描かれたものばかりで、辰年の私としては、
入った瞬間から気に入ってしまいました。

黒っぽい色をベースとした店内は漆黒という言葉を感じましたが、
お料理はひとつひとつ目に鮮やかに映ったことが印象的。

すべてシェフのこだわりいっぱいのお料理で、
これまでにいただいたことがないようなメニュー。

とても手がかかっていますが、
素材の味は一つ一つ生きているということがしっかりと伝わり、
「すごい!!」の一言でした。
 
サービスも行き届いており、
お客の様子をしっかりと見守りサーブして下さっていることが
とても心地良かった。

最後には、シェフにもお会いできました。

このレストランは世界のベストレストラン50に入賞している「龍吟」。

ミシュランばかりに目がいっていたが、世界のベストレストラン50は
この時知った。

世界6大陸のレストランを評価対象にした「世界のベストレストラン50」は
グルメ界のアカデミー賞と称され、日本からは3軒入賞。

このような機会に恵まれたことに感謝。
大切な思い出。

旅行中で予約投稿しました。

皆様にとって素敵な日でありますように。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村
2018/05/14

年1回の男子抜きのイタリアン。。。長丁場だった


孫娘(三女)嬉しそうに「母の日だから女子だけで食事に行く?」
娘「お店はイタリアンでいい?」

もちろん、私はO.K.

年に1回、我が家では、母の日を理由に女子だけでレストランに。

我が家の男性陣は、イタリアンのようなところ???は
ちょっとという感じで男子抜きで。

娘が選んだお店は、評判のイタリアンのお店。
孫娘達も成長したので、ここ2-3年は、本格的なお店を。

初めの一皿あゆのから揚げがインパクト大。
パスタもメインの魚も軍鶏も味が上品。
お料理はどれも、ひとつひとつ繊細なお味でとても美味しかった。
TreMonte20180513

周りは大人の雰囲気。
「あの席のグループは合コンかな」などと言いながら。。。
孫娘達はリラックス感満載。

しかも、家では好き嫌いを言っている孫娘達(高校生)は全て食べていた。

ここまでのお料理が出てくるまで約3時間。

人気店のようで日曜日の夜なのに、席は満席。
グループできているお客もいて、キッチンは大忙し。

孫娘(三女)がちょっと退屈してしまったかなと思った時、
最後にでてきたのが可愛いカフェラテ。
ここで盛り上がり。ホッ!
TreMonteカフェラテ20180513

我が家の男子は、和食そして居酒屋のお店が落ち着きそう。
きっと、家族全員でこのようなお店には来ることがないような。

女子だけの贅沢で貴重な時間でした。

皆様にとって良い日でありますように。
本日も訪れていただきありがとうございました。
↓↓クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村
2018/05/12

消臭剤が大活躍する我が家のB級グルメ

じじーが、たまに羊肉を買ってくる。

部屋の中に匂いが充満するのですが、2-3日我慢してでも、
食べたいようだ。

北海道に住んでいた頃は、
職場での歓送迎会は、決まって芝生でのジンギスカン。
七輪に炭を焚き、ジンギスカン専用のお鍋でお肉を焼く。
美味しかった。

小学生の頃、私の住んでいた町には、
お寿司屋さんとチキンライスが美味しかったレストラン
そしてジンギスカンのお店があった。

ジンギスカンは松尾ジンギスカンのお店で、母が入院中に
父に連れて行ってもらった。

これが、ジンギスカン初体験。

この当時は、ジンギスカンというとたれ付きの松尾ジンギスカンくらいでしたが、
今は、いろいろなたれ付きのジンギスカンが販売されている。

生肉はあまり売っていませんでしたが、今は、生肉のみを扱うお店
そして千歳空港にもお土産用にも生肉が売られている。

北海道へ行った時には、その時に評判のお店で
ジンギスカンを食べてくる。

そんなジンギスカンですが、
好き嫌いが多い孫娘達が不思議なことにジンギスカンが大好き。

我が家では、たれ付きのジンギスカンよりも、お肉をそのまま焼いて、
ベルのジンギスカンのたれにつけて食べるのが好き。

もやし、かぼちゃ、ジャガイモ、玉ねぎも一緒に焼いて。

でも、部屋に匂いが充満。。。

若い男性陣が職場内でジンギスカンをした時は、
秘書さんがしばらく口を聞いてくれなかった。

私は口はききますけれど、
ファブリーズ片手にシュッシュッシュの日々が続く。

ひつじ

皆様にとって良い日でありますように。
本日も訪れていただきありがとうございました。
↓↓クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村
2018/03/18

とらやのおはぎ

朝早くからじじーが「じゃ。出かけてくるね
と嬉しそう。

数日前のテレビでとらやのおはぎが本日から発売と放映された。
春分の日と秋分の日前後の1週間のみの販売。

孫娘たちが食べたい! そして じじーは甘いもの好き。

それを、忘れずに今日は朝早くから電車に乗って都心に出かけた。

LINEで逐次状況が。

じじー「今、到着!30人位は並んでいるよ。」
じじー「私は三番目で、四番目で売り切れた!」
(ほとんどの人が買えなかった。次の入荷は14時らしい。)
じじー「希望の個数は買えなかった。」

それでも、12個ゲット。(じじー、でかした。)

じじー「一口サイズで281円だよ~。おごりだから~」
(有難くいただきます。)

じじーはかりんとう等の甘いもの好きだけれど、
並んでまで買うとはこれまでなかった。

孫娘達の一言で、
お財布の紐もゆるみ、どこにでも出かけそうなじじー。

あまーく品のあるお味で、おいしゅうございました。
とらやのおはぎ

本日も訪れていただきありがとうございました。
 クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村