FC2ブログ
2018/08/10

日本もかかわっていた世界遺産

シンガポール植物園には、時間の合間に数回出かけましたが、
全部を回ることは出来ませんでした。

(Wikiより)
・敷地は63.7ヘクタールもの広さ(東京ドーム13個分)を擁し、
ひと回りするには3時間以上かかると言われている。

・2015年の第39回世界遺産委員会で世界遺産リストに登録された。
初のシンガポールの世界遺産である。


(Wikiより)
・1822年、トマス・スタンフォード・ラッフルズや熱心な植物学者によって
 最初に"実験植物園"が設立

・太平洋戦争の日本による占領時(1942年から1945年)は、
 東北帝国大学の地理・地質学者である田中館秀三によって、
 シンガポール国立博物館と共に管理が引き継がれた。
 
占領開始時、
彼は植物園、博物館どちらでも略奪が起きないように保証し、
どちらの施設も自然科学研究施設としての機能を維持し続けた。


日本がかかわっていた時期もあり、歴史を感じます。

朝早く出かけても、駐車場には多くの車が。
老若男女が犬の散歩をしたり、散歩、ジョギングをしています。
太極拳などをしているグループがあちらこちらに。

毎朝出かけ、散歩ができるとは素敵ですね。

日本の公園と異なり、南国らしい植物が。
そして、とても手入れがされていて、どちらも絵になる景色。

園内にはレストランもあるので、一日中いても大丈夫。

もう、訪れる機会はなさそうですけれど。。。
もし、機会があったら、一日中散歩していたいところです。

植物園入り口20180804

植物園音楽堂20180804

皆様にとって素敵な日でありますように。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント