FC2ブログ
2018/08/11

シンガポール旅行覚書

〇日本円の両替は、現地空港で。
チャンギ空港での両替が手数料も安くお得とのことですので、
現地空港で両替。
空港到着後、日本円をシンガポールドルへ両替するために両替所へ、
書類の記入も必要なく、日本円を出すとすぐに両替してくれる。


〇支払いは現地決済で。
ホテルの代金をクレジットカードで支払う際に、
うっかりと日本円にしてしまった。
現地通貨での決済は手数料がかからなく、日本円で決済るよりもお得。
旅行サイトの確認書でも「料金はSGDでお支払いください」と書いてあった。
見積金額より、数千円程度高くなったかな(とほほ)。


〇時差は本当は1時間ではない。
シンガポールの朝は6時30分になっても外は暗い。
そして夕方は遅くまで明るい。
地図上の経度を見て、同じ経度の他国と比べるとわかりますが、
本来ならば、2時間の差。
他国の経済活動の時間に合わせて1時間にしているようです。


〇蚊がほとんどいない。
定期的に殺虫剤を散布しているので、
街中では蚊に刺されることはありません。
日本では、蚊に好かれる私でも、
シンガポール植物園に行っても蚊に刺されない。
初めてシンガポールに行った時は、虫よけを持って行ったけれど、
持っていかなくても大丈夫。


〇エスカレーターの速度が速い。
エスカレーターのあまりの速さに、最初は足を出すタイミングに迷った。
老人にとっては危ないのではと話題になっている。
街中にでると、私と同年代はあまり見かけなかったが、老人人口は多い。


〇タクシーを路上で拾えない。
道路脇に黄色のギザギザ線がある場所は駐車禁止ゾーンとなっているため、
タクシーを拾いたくても止まってくれない。
ホテル前のタクシー乗り場や街中のタクシースタンドを利用するのが一般的。
タクシー乗り場を探すためにかなり歩くこともある。


〇タクシーは安全に利用できるがドアは手動
チャンギ空港からホテルまでこれまでタクシーで5往復しているけれど、
ぼったくりにあったり、嫌な思いをしたりしたことはない。
ただし、日本とちがい、ドアの開閉は手動で、
降りる時もドアを閉める必要がある。


シンガポールは一人で訪れるにはとても安全な国。


シンガポール植物園(4)20180804
(シンガポール植物園にて)

皆様にとって素敵な日でありますように。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント