FC2ブログ
2018/10/26

リタイア後楽しく過ごせているのは友達のお蔭

働いていた時は、職場と家との往復で、わき目もふらずにいたかも。

不器用で、いろいろと楽しむ術を知らなかった。

定年が視野にはいってきていた時期、
現実的に定年後は時間が十分というイメージだけで、
具体的な想像はできていなかった。

そんな時に知り合った友達。

その友達は、職業生活以外の楽しみを見つけようと
拠点とする拠り所、趣味等、多方面について調べ、計画をたてていた。

人生は長くないと、仕事は後進に任せて、
これからの時をいかに過ごすか考えていた。

私にこうしたらああしたらとは言わずに、
趣味を持つこと、人生の楽しみは何か、いろいろと教えてもらった。

この友達と知り合わなければ、
リタイア後の生活が充実していなかったかもしれない私。

もしかすると、リタイア後は毎日家のことだけで、
家族のことが気になっているだけの私だったかもしれない。

趣味のことに十分時間を割くことができ、
家族にも助けられている生活を送ることができるのは
この友達のお蔭。

人生は、めぐり逢いです。

残り少ない人生を迎えるにあたっても登場してくれた大切な友達。

いつまでも、元気にお互いの老後を見届けたい。

昭和記念公園コスモス(5)20181021

皆様にとって素敵な日でありますように。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: こんにちは

ご訪問ありがとうございます。
年を重ねるごとに、友達の大切さを感じている日々です。
一人では生きられないということですね。
人生何が起こるかわからない、いつまでも前向きに行きたいと、
友達はそんな気持ちにさせてくれます。
感謝の毎日です。


こんにちは

いつも楽しく拝見させて頂いています。

【この友達と知り合わなければ、リタイア後の生活が充実していなかったかもしれない私。】

ワタシも全く同じです。
今の生活を支えてくれているのは働いていた時の仲間と退職後に出会ったお友達です。
この方達との出会いがなかったら・・・と想像するだけでゾッとします。
特に退職後は人との出会いの機会が少なくなってきている中で、良い友人と出会えたことに心底、感謝感謝です。v-344